NEWS名誉と自尊心の回復

パキスタンの「しあわせの灯火」

アイシャ・ザファル(右)と若者たち。彼女は『しあわせへの道』を使って、過去4年間で何千人も啓発してきました。
アイシャ・ザファルは、子供と大人をよりやりがいのある幸せな人生へと導くために、他の人々を助けるという魅力と情熱を合わせ持つ人物。

パキスタンのアイシャ・ザファルは、自分の幸福を探しているときに、偶然にも『しあわせへの道』を見つけました。文字通り、オンライン検索エンジンに「ハピネス」と入力したのです。 彼女が見つけたのは21の教訓でした。

「『しあわせへの道』によって、人生に対する疑問や問題への助けとなる何かを見つけたんです」と語るザファル。 「他の人を助けることで、同じようにより良く生きるために自分自身を助けることになるのだと知りました。」

彼女は『しあわせへの道』を広げることに専念しようと決めたのです。 しかし、どのように始めて良いかわかりませんでした。ですから彼女はインターネットに戻ったのです。 国際しあわせへの道財団のFacebookのページで、彼女はパキスタンでこれらの活動に彼女を導いてくれたパキスタンのスタッフを見つけました。

それはたった4年前のことです。 今日、彼女は「しあわせへの道財団」イスラマバード代表者であり、すでに30以上の学校で約6,000人の学生にセミナーを実施。それに加えて若者のグループや企業、職員へのワークショップも行いました。

彼女の話は「しあわせ」についてのものですが、すべてが簡単なわけではありませんでした。

「この仕事を通じてたくさんの試練に直面しました」と彼女。 「パキスタンでは、独身女性が1人で旅するのは非常に難しいのです。 同時に、どのような男性とも一緒に旅することは許されません。 ですからほとんどの場合、私は1人で旅をしました。」

さらに、何人かは彼女を止めようとしました。金銭という見返りもなしに、誰がそこまで他人に献身できるものかという、心無い懐疑的態度によってです。

「私は情熱によってこれを行っています」とザファル。 「何人かの人は、そこには特定の計略か何かがあるんだと思っています。 私が彼らに言うことは、私はこれが好きで、だからボランティアとしてこの仕事を行っているんだ、ということです。 ですから、21の教訓『栄え、成功する』を適用し続けています。」

彼女のセミナーや本に対して、お金を支払わなければならないと考える教師にさえ出会います。 そしてもちろん、クラス全員への『しあわせへの道』小冊子と、彼女のセミナーが無料で提供されていることに誰もが驚きます。

「私にとってこれは、学校において草の根レベルで子どもの人格教育を行う特別な方法なのです」と彼女は言います。 「生徒を助けようと決めたんです。彼らの未来のために、より良い人生への道を指し示す誰かが必要だからです。」

自分自身で成し遂げたすべてが、同様の目的を持つグループとの提携に踏み出させました。例えば、ポジティブ・パキスタンや、学術品質協会、リーディング・パキスタンやイエス・ユースなどです。

「私にとってこれは、学校において草の根レベルで子どもの人格教育を行う特別な方法なのです」

そして彼女の情熱が見過ごされることはありませんでした。 2016年度青少年啓発サミットに対する彼らのプロモーションで、イエス・ユースのグループは、アイシャとその人道支援活動をこのように書いて紹介しています。「アイシャ・ザファルは生まれながらの社会活動家で、幸福の灯火となっています。 講演家として、彼女はパキスタンのあらゆる都市に働きかけています。 彼女の魅力と熱意があいまって、困窮する若者、子供、あらゆる分野の専門家を動機づけています。

彼女のスローガンはとてもシンプルでパワフルです。 幸福を創造し、共有し、祝福することを信条としているのです。」

当のザファルには、しあわせの源となることばかりが積み重なっていきます。「私の話を分かち合えるなんて素晴らしい。『しあわせへの道』と共にこの長い旅を進んできました。 それは何千人もの人生を変えています。」



事実

大きな展望
数字で見る『しあわせへの道』の普遍的な魅力

21の教訓

「自分を大切にしましょう」から「信頼される人になりましょう」、「栄え、成功する」まで、道徳的価値観を教えます。

115

言語

『しあわせへの道』は、ギネス世界記録において最も翻訳された非宗教的書籍として記録を保持しています。

187ヵ国

支援者が『しあわせへの道』普及活動に携わっています。

20%

コロンビアの人口

コロンビア国家警察によって、小冊子が人口の20%にあたる1万人に配布されました。

1億1800万

の小冊子

1981年に導入されて以来、世界中に配布され、あらゆる人々の人生の道徳的な指針となっています。



変化を起こしましょう

「国際しあわせへの道財団」は、21の教訓の広範囲な普及を通して、信頼と誠実さを回復させ、社会における道徳の衰退を逆転させています。 当財団への寄付金は「しあわせへの道」の小冊子やカリキュラム教材の製作と配布に役立てられます。