しあわせへの道

『しあわせへの道』とは何ですか?

『しあわせへの道』は、純粋に良識のみに基づいた、初めての普遍的な道徳指針です。 1981年に初めて出版されたこの本の目的は、現代社会における道徳の衰退を食い止め、人々の間に誠実さと相互の信頼を取り戻すことです。『しあわせへの道』は、世界で最も多く翻訳された宗教色のない本としてギネス記録を保持しています。

L. ロン ハバード によって書かれたこの本は、ますます物質主義が強まる社会において、道徳の欠如を補ってくれます。この本には「教訓」と呼ばれる21の基本的な行動の指針が書かれており、人を充実した生きがいのある人生へと導いてくれます。

 

私たちの教育資料について知ってください

世界の道徳水準は過去数十年にわたり低下し続けています。薬物乱用やアルコール乱用は急増し、現在では若者の間にも浸透し、学校、都市、国々で犯罪の増加をもたらしています。統計によれば、薬物の蔓延と暴力の増加の間には密接な関係のあることがわかっています。

 

『しあわせへの道』の特注版

教育者や会社役員、議員、政府高官などが、自分たちの地域社会や企業、国に『しあわせへの道』を導入するやり方を学びます。さらに増え続ける需要に答えるために、この本部では受注対応の印刷設備…